【モンスト】爆絶『フェムト』適正キャラ&攻略情報 

クエスト攻略

目次

クエスト情報

属性光属性
ザコ 種族鳥、亜人、幻獣
ボス 種族幻獣
ボス アビリティなし
主なギミックワープ、ブロック、ウィンド、貫通制限

攻略のポイント

光属性の反射AW+ABがおすすめ

爆絶「フェムト」ではギミックとしてワープ、ブロック、ウィンドが出現。すべてに対応するキャラは少ないのでワープとブロックの対策をしよう。また、属性効果超アップや闇属性以外のキャラは被ダメが痛いため闇属性のみがよい。そして、貫通制限が出現するため光属性の反射AW+ABのキャラを編成しよう。

敵に触れるたびに攻撃アップ

このクエストでは触れた敵の数に応じて攻撃アップをする。なるべく多くの敵に触れた状態で敵に攻撃していこう。

玉を倒すと敵の防御アップ

このクエストでは道中に出現する玉を倒すと敵が防御アップをする。ほとんどダメージが入らないので倒さないように立ち回るか防御アップする前に敵にダメージを与えていこう。

適正キャラ

適正ガチャ限

キャラ適正ポイント
エクリプス(獣神化改)
コネクト発動必須
連撃キラーMが強力
スピードアップでサポート可能
那須与一α(獣神化)
ギミック対応
上部にいる敵にキラーLが有効
メリオダス(獣神化)
ウィンド無し
カウンターキラーが強力
イチト(進化)
ウィンド無し
耐性で被ダメを抑えられる
号令SSが強力
ミネルヴァ(獣神化)
ウィンド無し
回復Mでサポート可能
ダンテ(獣神化)
ギミック対応
すり抜けSSが強力

適正運枠

キャラ適正ポイント
ナオヒ(神化)
ウィンド無し
SSでサポート可能
ハイエンド脳無(進化)
ウィンド無し
パワー型の火力が強力
シベリー(神化)
ウィンド無し
SSで回復可能
サラザール(進化)
ギミック対応
攻撃とスピードの
バランスよく立ち回れる

おすすめ編成紹介

運枠なし

エクリプス

メリオダス

エクリプス

メリオダス
 
運枠1

ナオヒ

エクリプス

エクリプス

メリオダス
運枠2

ナオヒ

脳無

エクリプス

メリオダス

ステージ攻略

第1ステージ

攻略手順
  • ズーを倒す

第1ステージ、玉に触れながら攻撃アップしつつ上部にいるズーの弱点を狙って倒していこう。上がっていくのが遅いと防御アップしてしまうのである程度の角度はつけた方がよい。

第2ステージ

攻略手順
  • アルテを同時処理

第2ステージ、中央3体のアルテが互いに蘇生するので敵に触れて攻撃アップしつつ弱点を狙って倒していこう。上下の加速雑魚を利用して高スピードで立ち回ると倒しやすい。

第3ステージ

攻略手順
  • 鳥を倒す
  • 中ボスを倒す

第3ステージ、鳥を倒すと中ボスに弱点が出現&加速壁の展開をするので優先して処理しよう。中ボスは上部に展開される加速壁と雑魚を利用して攻撃アップしつつ倒していく。

第4ステージ

攻略手順
  • ズーを倒す

第4ステージ、貫通制限や玉に触れ攻撃アップしつつズーの上側や盾との間に挟まって倒していこう。高火力が出せるキャラであれば直接ズーの上側を狙ってもダメージが出せる。

第5ステージ

攻略手順
  • ボスを倒す

ボス第1ステージ、なるべく多くの敵に触れて攻撃アップしつつボスの弱点を狙っていこう。加速雑魚を利用すると高スピードで立ち回れるので必ず触れに行こう。

第6ステージ

攻略手順
  • 鳥を倒す
  • ボスを倒す

ボス第2ステージ、まずは鳥2体を優先して処理。ボスに弱点が出現&加速壁が展開されるので利用してボスにもダメージを与えていこう。

第6ステージ

攻略手順
  • ボスを倒す

ボス第3ステージ、立ち回りは今まで同様。敵に触れて攻撃アップしつつボスの弱点を狙って倒していこう。

第6ステージ

攻略手順
  • 鳥を倒す
  • アルテを同時処理
  • ボスを倒す

ボス最終ステージ、まずは鳥を処理してボスの弱点露出&加速壁を展開させよう。アルテは同時処理する必要があるので敵に触れて攻撃アップしつつ弱点を狙って倒していこう。アルテを倒すとボスの弱点が狙いやすくなるので攻撃アップや加速壁を利用してボスを倒していこう。

ボスの攻撃パターン

ボス1,2,4
位置(ターン数)攻撃内容(ダメージ)
右下
(初1ターン→次4ターン)
吹き飛ばし(約2500)
左下(5ターン)反射クロスレーザー
(約5000)
右上(3ターン)気弾(約20000)
中央(8ターン)即死級ダメージ
属性倍率やキラーの考慮なし
ボス3
位置(ターン数)攻撃内容(ダメージ)
右下
(3ターン)
気弾(約20000)
左下(5ターン)反射クロスレーザー
(約5000)
右上(3ターン)移動
中央(6ターン)即死級ダメージ
属性倍率やキラーの考慮なし