【モンスト】新限定「帰蝶」は引くべきか!キャラクター評価【使ってみた動画】

キャラ評価

12/11から開催される激獣神祭に登場する新限定キャラクター「帰蝶」の性能詳細と評価をしつつ引くべきかどうか解説をしていきます。

関連情報

目次

帰蝶のステータス

★6 美濃国の「刺客」 帰蝶(獣神化)

刺客の帰蝶はアンチアンチアビにワープ、魔法陣、ブロックを所持。超SSターン短縮も持っているため強力な自強化&弱点露出のSSも早めに使うことができる強力なキャラ。

注目すべき点は友情コンボ、初となる砲撃型のハイクロススティンガーとクロス爆撃はどちらも強力なため砲台としての活躍が期待されている。

また直近の高難易度クエスト爆絶「フェムト」でも適正となっていて汎用性の高い砲台キャラとしての使い道以外にも活躍が期待できる。

★6 尾張国の「濃姫」 帰蝶(獣神化)

濃姫の帰蝶はアンチアビにダメージウォール、ワープを所持。どちらも超アビのため適正クエストでは高火力が発揮できるキャラになっている。触れた敵をふれるとスピードアップ状態にできるSSを持っていて少しターン数が多いが超SSターン短縮を所持しているため打ちやすくなっている。

注目すべき点は直殴り、友情、サポートのすべてに適しているという点。火力を上げられる二つの超アビに加え貫通ではあるが連撃キラーLを持っているため適正クエストでは一強レベルの火力が出せる。友情はブーストが乗りさらに2回出せるため火力は申し分ない。そして2回出せるスピードアップやSSでの加速は味方のサポートに非常に優秀な性能となっている。

現状では禁忌24での活躍が期待できる。友情で加速雑魚の反撃が出しやすくスピードアップもできるため雑魚処理やボスへのダメージが出せる文句なしの適正キャラになっている。

減速壁やブロックの対応がないため今後の高難易度クエストでの適正は厳しいが貫通のADW+AWの枠では貴重なキャラとなっている。

使ってみた動画(詳細ステータス)

ガチャは引くべき?

年末に向けて様子見がおすすめ

帰蝶を引くべきかどうか現状は様子見がおすすめ。帰蝶の性能自体はどちらも非常に強力で最近の激獣神祭キャラクターは活躍が多く所持しておきたいが、時期的に年末が近いためクリスマスの限定キャラクターや年末のガチャ、そして新春超獣神祭が控えている可能性が高い。一強レベルの高難易度クエストが今はあるわけではないのでオーブを貯めたいという方は無理して追わなくても良い。